診療の 流れ

私たち、くが歯科医院では「口腔からの真の全身健康」を目標に診療を行っております。
私たちの捉える真の健康とは心と体の調和が良く、自身で心の状態と身体の状態を認識できていることです。

flow1
  • 問診
  • 基本検査とレントゲン診査
  • 必要に応じてCT撮影
  • 処置(来院した原因箇所)

flow2
  • 精密検査
  • リスク改善
  • 全体的に必要な治療計画を説明
  • 全体的に必要な箇所の処置
  • 再評価

flow3
  • 定期検診
  • 基本検査
  • 再評価

treat1

定期検診と セルフケア

ムシ歯や歯周病をきちんと予防して健康な歯を維持するには、セルフケアとプロフェッショナルケアの両方が欠かせません。
日々のセルフケアで、ムシ歯になりにくい環境作りがまず重要です。

そして、歯科医院で3~6ヶ月毎に定期健診を受け、リスクの判定やブラッシングの指導など、一人ひとりに合った適切な指導を受ければ、長期にわたって健康な歯を維持することが可能となります。

くが歯科医院では、人それぞれにちがうムシ歯や歯周病の原因やリスクをきちんと見極め、ひとりひとりにあった予防対策をさまざまな角度から考えています。
私たちがめざす「トータルヘルスケア」。人びとが健康な歯と、健康なからだと、健康な生活を保てるように、すべての人が自らお口の環境を考え、行動を起こすきっかけづくりを促進します。

虫歯 治療

虫歯治療

当院では、ミニマルインターベンション(MI:最小の治療範囲で、最大の治療効果を目指す考え方)をコンセプトに、治療を進めています。虫歯で痛んだ箇所のみを限定して除去するので、痛みもほとんどなく、健康な部分への悪影響が少ない治療です。
初期の虫歯治療では、歯をあまり削らず詰め物をする治療で勧めていきます。詰め物というと一般的には金属の詰め物を使用しますが、金属の詰め物ですとお口を開いた時に中の金属が見えてしまう事に抵抗を感じる方や、金属アレルギーの方もいらっしゃいます。
当院でお薦めしているのは白い詰め物です。
お口を開いた時に金属の色が見えることがありませんので自信をもって笑顔で会話を楽しむことができます。

本当はこわい虫歯

歯は食べ物がはじめて出会う消化器です。歯を失うと体全体に大きな影響を及ぼすことがあります。
さらに虫歯菌が出す毒素が血液の中に入り、全身をめぐり様々な病気に影響を与えることが最近の研究で分かっています。

decay2

C1:虫歯の初期症状

歯の表面のエナメル質の部分のみ虫歯になっており、歯の表面が白く濁ったり黒く見えている状態で、特に痛みを感じることはありません。
痛みが無くても油断大敵です!早めの治療が必要です!

decay3

C2:象牙質まで進行

虫歯が象牙質(エナメル質のさらに深い部分)にまで進み、歯の表面が黒く見えている状態。
飲食で痛みが伴う事があります。
この象牙質は柔らかいため、虫歯が広がりやすくなります。

decay4

C3:歯髄まで進行

虫歯がどんどん進行して神経(歯髄)にまで達した状態。
ズキズキしたり、大きな穴ができたと感じると思います。
この状態になると神経を抜く治療が必要になってくる可能性が高くなります。
当クリニックでは、この状態でも神経を残す治療法をお勧めしております。

decay5

C4:虫歯の末期症状

さらに虫歯が進行すると神経が死んでしまい痛みを感じなくなります。
ここまで来ると抜歯をしなければならない場合があります。根っこだけになってしまうと保存できる可能性も非常に低くなってしまうので、少しでも変だなとか違和感がおありでしたら、是非当クリニックを受診してみてください。

歯周病 治療

一般的に、歯周病はとても気付きにくい病気です。そのため、痛みや違和感が感じられた時には、すでに重度になっている場合が多いのです。歯周病の治療は、専用器具を用いて歯の根の表面についた歯垢や歯石を除去します。
また重度に進行している場合は、外科的な治療を行うこともあります。歯の根の表面に付いた歯垢や歯石とともに感染した歯肉を除去する手術、失った骨を再生する手術など、患者さんの状態に合わせて行います。

歯科用CTで正確な歯周病診断が可能です

歯科用CTのレントゲン診断で、歯根の周りの歯槽骨の状態を立体的に把握できます。歯槽骨の吸収した範囲や状態の診断もより正確に行えますので、歯周病や歯槽膿漏の治療方針決定に必要不可欠です。

誰にでもできる、歯周病の予防

昔、歯周病は不治の病と思われていましたが、その後の研究からプラーク中に潜む細菌が原因で生じる疾患であることが明らかになりました。このようにプラークが原因の疾患ですから、毎日のプラークコントロール(歯垢除去)が最も有効な予防法になります。
皆様も毎日歯を磨いていると思いますが、それでも歯周病が進行していると言われたことのある方も多いのではないでしょうか。それは十分には磨けていないことが多いからです。正しいブラッシング方法で歯ブラシを使い、加えて歯間ブラシやデンタルフロスを活用することで十分に予防できる病気です。

perio1

審美 歯科

歯が白く綺麗になれば、それで満足という方も多いことと思います。しかし、歯を白くする事がだけで美しいと言えるでしょうか?
当院では歯の持つ本来の役割、機能が十分に発揮される『機能美』を合わせ持ってこそ歯科における審美であると考えます。
歯の機能を回復する治療のすべて審美歯科の範疇なのです。 言いかえると総合的な歯科医療であるということです。
単に歯を白くすることではなく、美しい歯並びやバランスのとれた歯肉などを含めた口腔内全体のトータル的な環境づくりを行い、そのひと本来の健康的で美しい笑顔を手に入れることを目的としています。
歯を白くすると同時に美しく機能する健全な口腔環境を取り戻し、 患者様がより質の高い生活を送るお手伝いができたら幸いです。

 

esthetic

矯正 歯科

歯ならびや、あごの形を整え、健康なかみ合わせや、バランスのとれたすっきりした顔立ちをつくり出します。歯ならびがよくなると、物をしっかりかむことができ、歯みがきもきれいにできるので、口の中の健康はもとより、消化を助けて、体全体の健康にも良い結果をもたらします。
お子様ばかりではなく、何歳の方でも歯があり、健康なお口の状態であれば治療ができます。美と健康そして自信をもたらすことが、矯正歯科の大きな役割です。

できるだけ歯を抜かない

患者さまからよく頂く質問のなかで一番多いのが”抜歯はしますか?”という質問です。矯正歯科治療では、歯を美しく並べるため時には抜歯が必要な場合もあります。しかし当院では、できるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています。診査・診断を元に、まず歯を抜かないことを第一選択とします。歯を抜かなくても治せる患者さまには、無理に抜歯はしません。
また、どうしても抜歯が必要な場合でも、インフォームドコンセントをしっかりした上で、最終的なご判断は患者さま自身にお任せしています。

矯正中の虫歯予防

矯正中は歯磨きがしにくいことから、虫歯になってしまう方がまれにいらっしゃいます。当院では毎回の診療時はもちろん、歯磨きに自信のない患者さまに対しては1~2週間ごとに歯を徹底的に磨き上げる”PMTC”を行うことで、虫歯・口臭などを予防しています。また随時ブラッシング指導は行っております。せっかく美しい歯列を手に入れるのですから健康な歯のまま矯正治療が終われるようにしていきましょう。

 

ortho

インプラント 治療

インプラント治療とは、虫歯や事故で失ってしまった歯の代用として、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯(補綴物)を作製して正常な噛み合わせを回復する治療法です。いわゆる入れ歯とは違い、自分自身の顎に固定されるため、元の白分の歯ので咬んでいる感覚を取り戻す事ができます。
治療後に多少違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれば、自然の歯に匹敵する機能が得られます。またインプラント治療を行うことで、交合機能の改善が期待できます。
人間の物を噛むの力は、非常に大きいものです。しかし、丈夫なインプラント(人工歯根)にする事で、天然の歯と歯根に匹敵する機能をします。また歯の形状や色も、最新の歯科技術と素地より、元の自分の歯と同様に回復させることが可能なのです。

なぜインプラントが必要になのでしょう

たとえ歯を失っても機能(咀嚼・嚥下・発音)や審美性(見た目)を損なわなければ必要のない話です。歯の喪失による機能不全や審美性的問題が生じたときに初めて治療術式の一手段としてインプラント治療が挙げられるのです。
つまり、現時点でインプラントは“ 必要悪 ”であり、歯を失わないことが大前提でなくてはなりません。同じ結果を招かないためには、まずは歯を失った理由を解決することが先決であり、より良い術後経過を期待するためにも慎重な手順を踏むことをお勧めします。

オペ機器は全て使い捨てです

当院ではオペ機器は全て使い捨てです。オペ機器は、ほとんどの医院では滅菌処理の後パックされたものを使いまわし使い捨てにしている医院はほとんどありません。しかし、ドリルなどに付着した、たんぱく質は熱処理では処理しきれないのです。インプラントの使いまわしなど考えられない事です。

麻酔専門医

インプラント手術時に麻酔専門医の全身管理のもと、静脈内鎮静法と局所麻酔を併用することで不安や痛み、時間の経過などを全く感じることのない安心・無痛インプラント手術を受けることが可能です。

imp4

アンチ エイジング

人類は装飾品として、金属を身につけています。それらの多くは金を主体とする貴金属です。金はイオン化しにくいという点では安全性の高い素材です。しかし、現在歯科治療で用いられる金属の金含有量は少なく、パラジウム、銀、銅、ニッケルなど多様な元素を含んだ金属が使用されています。

私たちは飲料水や食品の重金属汚染には敏感ですが、口の中の金属には意外と気にしておりません。口の中の金属はイオン化して溶け出しやすく、唾液、口腔細菌、血液などのタンパクと結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになります。その結果、脳、肝臓、腎臓などの臓器に蓄積し、臓器機能障害を引き起こします。また、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症、肌のシミ・しわ・黒ずみなどを生じるようになります。

しかも、口の中の金属は帯電しやすく、ガルバニ電流と呼ばれる微弱電流を生じて、脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を憎悪させたりします。

現時点で最も懸念されていることは、口の中の金属によって免疫力が低下し、老化や発癌が促進されてしまうのではないかということです。 最近、健康や美容を目的としたアンチエイジングのためのデトックスがマスコミや女性誌で話題となっています。あなたのお口の中に入っている詰め物や被せ物の金属を除去しないまま、どれだけデトックスを行っても効果的ではまったくありません。
真のデトックスとは、あなたの身体に合わないお口の中の金属の除去から始めなければなりません。それが真のアンチエイジングにつながります。

aging